熱量ちょいタカコ 萌えヲタク道!!

毎日は楽しい発見の積み重ね。熱量ちょいタカく自分の好きなものを愉しむのがヲタク道!!

食事の好み 夫婦バトル

 

友人が旦那さんに作った料理にダメだしされたらしい。

「内容がわびしい」

「辛い」 

「こうやって食べればおいしい」

「料理っていうのはにおい立つように作るんだよ」

 ↓

lanlanland.hatenablog.com

。。。。。。。。。。

 

料理の内容を見ても1汁3菜。

?????????

f:id:hasegoro:20170918055011p:plain

 

もしかしたら旦那さんはその日は

死ぬほどがっつり食べたい日だったかもしれない。

 

旦那さん側に一歩譲ってみた。

 

でも

 普段から料理上手なご実家と

比べられることも多いらしい。

 

 

多分奥様が品数を増やしても

旦那さんは今度は味つけのことをいうだろう。

味つけを好みにしても

旦那さんは今度は具材のことを言うだろう。

 

もし旦那さんのお母さんがこっそり入れ替わって

作ったとしても

「おふくろの味に似ているけれどもう少しだな」

とかなんとかいいそう。

 

そもそも その比較、いる?

今いる場所と過去にいた場所の比較。

 

そして自分の思いだけを

作ってくれた人に一方的に押し付ける

そのオレ様ファースト魂。

f:id:hasegoro:20170918055141p:plain

 

食べることは生きること

食事や食べ物に対する考え方は

その人の考え方や思いも

反映されていることが多い。

 

家族に対して一方的に好みを

押し付ける人は

自分の価値観を一方的に

押し付けている

 

家族だってそれぞれの思いがある。

好みだって違う。

 

それなら

大切な家族と一緒に食べる食事

 

食事があることに感謝

作った人に感謝

一緒に食べられることに感謝

 

そのうえで食べたいものがあれば

それを注文したらいいし

 

あ、頑張って作ってくれた奥様には

ねぎらいだけでいいです。

「頑張ってくれたね、でもこれはこうしたほうがいいよ

 余計な助言でバトルを誘発しないこと。

それ、奥様に怒りや悲しみの感情を

与えるだけで

旦那さんにメリットないからね。

 

褒められたら誰だって

次頑張るもんね。

奥さんほめて、伸びる力を楽しめ。

 

味つけの好みも

お互いに最高!じゃなくても

心地よく感じられるところで

「おいしい」とする。

 

家庭料理は

「むっちゃおいしい!!」

の連続でなくてよい。

(おいしいものは脂肪と糖でできている)

「満足できるおいしさ、飽きない」

が基本。

 

毎日ドラマはいらないのと同じ。

毎日ドレスがいらないのと同じ。

  

ちなみに我が家は

品数が少なかったらそれでその日は

良しとする場合もあるし

食べたい人が勝手に増やすこともあり

(ただし自分でやる)

 

味つけの辛味プラスなどは自分でちょい足し。

 

 

ちなみにヲタクシ

旦那が食べ過ぎる時は

「食べ過ぎだ!!」は言います。

 

「食べたい時に食べたいものを好きなだけ食べたらいいねん」

という人がたくさんいらっしゃいますが

カラダの健康を維持するセンサーが正常に機能している場合は

良いのですが、ストレスや食欲(別腹)というもので

センサーを無視する人がたくさんいるので

 

そこは作り手も、いわれるがままに

無制限に作ったり用意するより

家族の健康という大切なものを優先する、という

考えを伝えて反映させてもいいと思います。

 

 

時短メニューのメルマガ、登録無料です!!

家庭料理はシンプルでいい。

「満足できるおいしさ 飽きない」

普段着でリラックスするできるような心地よい料理が

ココロもカラダも豊かになります。

 

健康や幸せのために料理を作るのに

無理に難しいものを作らなくっちゃ、と

しんどい思いをしなくていいのです。

 

普段の食事に簡単にプラスする1品など

気に入ったものがあれば気楽に、

ご家庭にあるものを使って作ってください

 

www.reservestock.jp

 

手抜きでも美味しく、食べて満足というのがポリシーなので

興味のある人は登録無料ですので、ぜひメルマガを読んでください。

 

単に時短料理の作り方が載ってるだけではなく

ちょっとしたコツや、

給食や食品業界って政治とかが絡んでるんだなあ、というつぶやきとか

あまりオープンには語れないこともこそっと書いてます

 

www.reservestock.jp