熱量ちょいタカコ 萌えヲタク道!!

毎日は楽しい発見の積み重ね。熱量ちょいタカく自分の好きなものを愉しむのがヲタク道!!

調味料ヲタク みりんについて語る

ヲタクシの調味料ヲタク 

今日はみりん

今更言うまでもない食べ物への萌え☆彡

特に調味料は、スーパーの人が防犯カメラで

「また、あの人チェックしている」と

言い出すのではないかと思うくらい

まじまじと見ている。

 

私のメルマガを読んでくださっている方には

2月に書いたのですが

みりんには、本みりん みりん風調味料 

みりんタイプ調味料があり

作られている材料、

料理に入れるタイミング、

注意すべきことが違うんです(キリッ!)

 

まあ、本みりんは分類は調味料というよりはお酒です。

 

みりん風調味料やみりんタイプ調味料は調味料の分類になります。

いろいろな材料をブレンドして作ります。

そのまま口にしたら。。。

おいしくありません。

 

本みりんはそのままでも

おいしいです(´艸`*)

  

あまり知られてませんが、

実は本みりんの中でも

2つに分かれていまして

 

標準的な本みりんと

(タ〇ラ 本みりんがシェアNO.1)

昔からの伝統的な作り方のみりんがあります。

 

表示をみると

標準的なものは

もち米に米麹と醸造アルコールを加え

工業的な製法で作られています。

 

伝統的な製造のものは

もち米、米麹。焼酎だけで作り

数年じっくり熟成させているので、

そのままなめても十分おいしいです。

 

 

料理に使うと、

まろやかで複雑な甘味なのは

やはり伝統的な作り方。

 

値段は1本750mlで1000円位しますが

煮物に使うと、本当に料理の味が

全く変わります。

 

f:id:hasegoro:20170322003749j:plain

ヲタクシは左の三河みりんと

右の九重櫻を使っています。

どっちを使ってもおいしい。

使い分けてるのではなく

行くスーパーによって

置いてあるのが違うんで

その時によって違う。。。。

 

本みりんで煮物作ったらホント、味が違います!!

どう違うかって?

 

本みりんはお酒の分類に入ります

アルコールが入っているので

素材のくさみを消す力があります

味の浸透をよくします

煮崩れを防ぎます

 

砂糖プラス酒では代用できない 

熟成させた旨みがあります。

照り焼きの照り、は

みりんでなくては出ませんね(´艸`*)

 

全部甘味をみりんで作るとなると

確かにお高くなるので

砂糖とみりんと両方上手に取り入れるとよいのです。

ちなみに

みりんの糖度は砂糖の1/3。

つまり砂糖大さじ1杯、と本に書いてあるのは

みりんに代えると大さじ3杯必要です。

 

日本最古のみりん蔵の本みりん!「九重櫻」  

 

 

詳しくはメルマガのバックナンバーで見ることができます

 メルマガ登録は→→→右または下の登録フォームでどうぞ

(内容が面白くなけれな解除もできます)

 

www.reservestock.jp

 

 

 

【プロフィール 】
現役管理栄養士
(病院、幼稚園、社員食堂、老人福祉施設
障害者支援センター、教育委員会で勤務経験)

食べることは生きること。
子供の食育も大切ですが、
まずは大人に食や栄養の知識をたくさん知ってほしい。
豪華でなくても 難しくなくても 手が込んでなくてもいい、
本当にココロとカラダがよろこぶ食べ方を知ることは、
より豊かに生きていくヒントになると思います。

難病と診断され、自らの知識に
東洋医学食養生を取り入れて社会復帰した過去を持ち、
現在も現役管理栄養士として働きながら家庭と趣味をこなす毎日。
20数年ぶりに吹奏楽を始めて
ますますココロもカラダも健康になっているエピソードの持ち主でもあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

手抜きでも美味しく、食べて満足というのがポリシーなので

興味のある人は登録無料ですので、ぜひメルマガを読んでください。

 

単に時短料理の作り方が載ってるだけではなく

ちょっとしたコツや、

給食や食品業界って政治とかが絡んでるんだなあ、というつぶやきとか

あまりオープンには語れないこともこそっと書いてます

 

www.reservestock.jp