読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱量ちょいタカコの告白

いろんなものを愛する熱量ちょいタカコの私。世の中素敵なことが多すぎるんです!!チョイ熱かったらごめんなさいね(●´艸`)

ウワバミ退治クラブ結成1か月後に その5(その1から見てくださいね)

タカコの告白

今年正月の出来事。

 

。。。その4からのつづきです。。。。 

一昨年正月に父が

「あんたらは本当に仲が悪い、もう先が長くない自分は心配だ、女は感傷的でいつまでもこだわって親に心配かけている」

みたいなことを言いました。

私たちが反論しようと(特に私)一言でも言おうものなら

わざわざ指で人をさして

「あんたのその言い方が長女を意固地にさせているんだ」

みたいなことを言われまして

 

まあ、親の言うこともわからないわけでもないし。

(あ、意固地にさせているんでなく、親が年ってことです)

その年父母の70歳と77歳の祝いをしようと、姉夫婦にも丁寧に手紙を書き

姉夫婦を立てるようにお祝いの席を設けたのですが、帰ってこず

しかも実行役の私や妹に出席欠席のはがきも出さず、連絡もせず

父に「お父さん、その日いけないわ~ごめーん、何かお祝い送っとく」

との電話したらしい。

それで 主催者無視する姉のご無礼 親の中ではチャラです。(父ご機嫌)

 

それでも正月に家族の集まりにも来ず

新幹線代がないから、といって親にお金を振り込ませといて来ない姉が

久しぶりに年末帰ってくる らしい。

姉の旦那の実家にも長いこと行ってないからそちらに正月に行くらしい。

。。。。。。。。。。。。

 

正月 父から

「年末 あの子(長女)が帰ってきてな。あんまり勝手なことばかりせんように、と話しておいた。」

「そういうことや」

?????は?

「そういうこと、って何?」

 

そしたら父はすごい形相で私を指さして

「あんたのその言い方、そういう憎たらしい言い方があの子(長女)を追い詰めてるねん!!」

みたいなことを延々と言い出す。

 

そして

「あの子は東京で一人ぼっちで寂しい思いをしている、子供もいない」

みたいなことを言い出す。

 

いや、姉、結婚してもう23年になるし、

結婚当初はそうだったかもしれないけれど

 あちらで専門学校行って調理師資格とって仕事もついてるし、

友達もいるし、うまくやってるよ、

という話をしたら

「あんたは長女のことを馬鹿にしとるんかっつ!!」

と怒り出した!!!!!

え、姉が向こうで資格取って向こうで友達もいる、って言った私

間違ってる???

 

そんで姉が20年前にさびしいと言っていた話をしだした。

別にお父さんのことを責めてるわけではないんだ、

ということをいったりしてもダメ。

途中でタイミングを見計らって

 

さっと席を外した。。。。。。

 

 

そこからは父の私に対する悪口大会だったようだ。

席を外した後、しばらく台所で妹と話していたら

ぐったりとした妹旦那がやってきた。

「お姉ちゃん(私のこと)は

悪いことは一言も言ってません、ってだけ言って出てきた」

とのこと。

 

妹旦那が逃げ出した後は

父は私の悪口を延々と

私の旦那に言い続けたみたいだ。

 

 

私、そんなに

私の大好きな人に延々と悪口をぶちまけられることした??

 私、そこまで性格悪い??

 

自分でも長所も短所もあると思うけれど

そんなに延々と大好きな人に

親から悪口言われること 私していないし。

 

 

そして

やっと気がついた

 

わたしの庭を荒らしていた人

 

 

親だ。(特に父)

 

子供の時私は成績よくて

小学生の時、100点は当たり前だった。

中学3年間90点以下取ったことない教科も

たくさんある。

 

でも

私はテストや成績表を親に見せなくなった。

見せてもほめられたことはない。一度も。

逆に

怒られるときに

「成績がいいからいい気になってるんやろ」

と言われ

「おまえは勉強しかできない欠陥人間」

といわれ

親が姉を怒るときに私の成績が道具にされる。

当然姉も、私のこと憎む。

親戚に私の成績自慢している、って聞いたとき

怒りしかなかった。

 

たくさんそんなことはあったけれど

私の出産の日まで

親はヨーロッパに行っていた。

「お母さんが言い出したからしかたがなかったんだ」

と父は言い訳していたけれど

何故、娘が出産時に行かないといけないのさ。

しかもうちの母は

子供の時、学校の書類に記入とかも嫌いで

小学校1年生のころから

私は大人の文字をまねて書類を書いていたというのに。

母は旅行の手配なんか

全くできないのに。

母が言い出したとしても

旅行社を訪れて

申し込みしたのは父なのに。

 

私は出産後3日で退院だったので

退院後 実家に戻って

家の手伝いとか

母の話の相手とかして(寝ようとしても話しかけてくる)

思ったことそのまま発言する母に

イライラして

「出ていけ」といわれ

我慢できずに

旦那実家にお世話になった。

 

自分の感情や気分中心に動く両親

 

いろいろあるけれど

 

もう自分の中では

過去のこととしてしか

考えてなかった。

もう、今がいいなら

それでいいでしょ、って。

 

それなのに

わざわざ触らなくていい問題作り

ほじくって

荒らしてくる親

 

 とっくの昔に自分の生活を楽しんでいる長女を

20数年前の記憶で、勝手に哀れに思い

いつも自分に冷たく

たまに甘えてくる非常識な娘を

長女とはこういう性格だ、と許し

そんな娘を心配している父親

それをやっていたいのだ。

その長女を攻撃する妹 としか

私と妹は映っていないのだ。

 

そもそも姉が結婚して20数年

妹の結婚式にもよくわからない理由で出席しなかった

正月にも来ない。

そんな姉とつきあいする必要は

私にも妹にもない。

 

 「じゃあ、お父さんがお姉ちゃんが

正月に来るように言ったら?

話し合いに来るように言えばいい」

 

年末に結局何も言ってないらしい。

 

仲の悪い姉妹に悩む父親

やりたいらしい。

 

それに付き合わされるのはごめんだ。

 

その2や3で書いたように

親にはいろんなことをやってもらったし

いろいろやってもらっている

(たぶん親も悪意があるわけでない)

 

 

その次の日は寝込んでしまった

 

そういえば

 私は実家に行く前後

たいてい体の調子が悪い

 もともと体調よく崩すので

何となくしか気づかなかった。

 

そっか。

 

親の毒にやられていたんだ

 

次の日旦那が心配して

「体調悪いのって、いつもの胃腸が悪いやつ?」

と聞いてきた。

 

「ううん、たぶん家の毒にやられた」

 

といった。

旦那は

 

「そうやな」

 

と言った。

 

「もう面倒くさいことは俺がやるから。

これからは表に出ないでいいから。

表面的なことだけ やっとけばいいよ」

と言われた。

 

ああ、この人が旦那でよかったなあ

と思った。

 

そして

私は今まで通り

庭をほじくり返さない。

 

過去は過去。

ただ

私の庭に土足に入る人には

他の人(旦那)に

入らないようにしてもらう。

その人の都合で

勝手に庭のものを摘み取ったり

させない。

 

私の庭は

枯れた枝やいらないものは除き

土を浄化し

日あたりよくし

素敵な花や草木を育て

 

今日も素敵な庭に感謝して

毎日を過ごせるようにしたい

 

たくさんの人と

庭の花や草木を楽しめるようにしたいのです。

今 毎日いろんな人と

楽しんでいるけれど

もっともっと花を育て

実も収穫し

それを一緒に楽しみたい。

 

 

 

 

この文章を書いたことで

庭の土もすっきりと整えられることと思います

 

本当に長文でしたが

読んでくださった方

 

おつきあいありがとうございました

 

 

f:id:hasegoro:20170114124328j:plain

 

 

 

 

 

 

http://www.reservestock.jp/subscribe/65000

にほんブログ村に参加しています。

良かったらクリックしてください↓

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村