読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱量ちょいタカコの告白

いろんなものを愛する熱量ちょいタカコの私。世の中素敵なことが多すぎるんです!!チョイ熱かったらごめんなさいね(●´艸`)

カミングアウトは突然に!!マミさん囲んでの昼食会その6

マミさん囲んでの昼食会でまさかの展開その6

そう来ましたか。。。

もう1つ、諦めた夢などと言って

 ワタクシ自分でも大変訳の分からないことを申しました。

栄養士やりたくないんです。

ふぅわーーーっっと?

何ですと∑(゚◇゚///)∑(゚◇゚///)∑(゚◇゚///)∑(゚◇゚///)

びっくりするよ。

仕事大好きな私。仕事萌えな私。

自分の作る献立は家で試作する私。

外で食事する時も必ず盛り付けを見るために写真を撮る私。

家でも無意識に野菜の重さ量りで確認する私。

小さい頃から食品の表示を必ず見て

醤油1本買うにも比較して吟味して買う私。

献立作っている時は自分の世界。

栄養価と味と見た目とそれぞれのバランスを考えて

とことんやっている私。

私、栄養士の仕事、むっちゃ向いてるやん。

自分がやっていることをなぜ

自分が否定しているんだ。。。

仕事が面白くなくて毎日行くのがつらい人もいるのに

私は月曜日の朝から張り切って仕事している。

仕事も好きだし、一緒に仕事している人もいい人ばかり。

仕事が充実しているから

家庭でも楽しくしていられるし

お金もちょっとはあるから趣味も楽しめる。

 

それは昔、夢を断念したことと関係あるのかな。

でも今は挫折しているわけじゃない。

じゃあ、何でそんなこと言うんだろう。

その時は答えはわからなかった。

けれど、やりたくない、って言っている自分を

嘘つき、とも思わなかった。

 

で、マミさんの昼食会で不思議だったのは

前にも書いたように、

集まった人は少しずつどこか重なるところがあって

みんなマミさんに問いかけたら、何らかの答えが自分の中から

出てくること。

そして、本当に不思議なことに

人の答えはそこにいる人の何らかの答えになったり

ヒントになるのだ。

 

おじいちゃんとおばあちゃんのことを語っていた人は

マミさんの質問によって解決したのか表情が明るくなった。

おじいちゃんとおばあちゃんが天国で仲良くしている、と

話をみんなでしていたら

なぜか私たちの前の席と後ろの席に 本当に偶然?

おじいちゃんとおばあちゃんのカップルが座った。

何だか彼女におじいちゃんとおばあちゃんが

「私たちは大丈夫よ」と言っているみたいだった。

 

昼食会が終わった。

私は、ほかの人みたいに解決策が出たわけではないけれど

前と違って、今よしたほうがいい、みたいな宙ぶらりんでもなく

何か不思議な自分の発見に戸惑いながらお店を出た。

「海外に行きたいな」

と独り言をいったときに

目の前にアラブ系のカップルが現れた。

やっぱり

私は海外にいることになるのかな。

なんとなくね。

f:id:hasegoro:20161130011153j:plain

 

 

 

 

 

http://www.reservestock.jp/subscribe/65000

にほんブログ村に参加しています。

良かったらクリックしてください↓

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村