熱量ちょいタカコ 萌えヲタク道!!

毎日は楽しい発見の積み重ね。熱量ちょいタカく自分の好きなものを愉しむのがヲタク道!!

好きなことを徹底する一日

ヲタクシの所属する吹奏楽団の練習が

2日連続朝から夕方までの強化練習日

 

最近の体調からするとちょっと危ない

昨日は夕方から参加します と伝えておいた

 

しかし

昨日は朝すでに体調不良

夕方になっても無理。

残念、無念(´;ω;`)ウゥゥ

 

そんな日もあるさ。

 

今日は朝からがっつり起きた

朝からご飯を食べて練習に行く

何だか大丈夫そう

 

夕方まで吹いて

そこから帰って

晩ごはんを作る

 

ダッシュダッシュ、といいながら

先週食べたジャマイカ料理の

ジャークチキンが気になって

 

でもオーブンを使って料理する時間はないので

とりあえず予想できる味で味付けしてみる

しかも鶏ももではなく、胸肉なので

ちょっとジューシー感は変わるのは想定済み。

 

ただ作りたかったんだよ

時間がなくても

右の何となく漬け込みのまだ足りなそうな

でも味は何とかジャークチキンの雰囲気

次に鶏ももでたれに漬け込みオーブンで焼いてみる

(自己満足。)

そして

家族と晩御飯食べて

(これは優先順位です)

電車乗って

1時間以上遅刻して

アンサンブルの練習に参加。

 

ああ、病み上がりなのに馬鹿だなあ

と思いつつも

昨日一日寝ていて

やりたいことができなかったので

 

満足なのだ★

https://www.instagram.com/p/BZQUPx5hZAV/

↑本文とは関係ありません。ヲタクシの満足な顔イメージ

 

そして

さっきまで

神戸のオサレなお店を探していました

とってもワクワクしております

 

何のためかというと

今の自分のままでは終わりたくない

そんな人たちと

「これから何かをやってみる」決意を

してみるおしゃべり会を

神戸でやろうかなと企画しています

 

 

 

何となくこのまま人生終わるのやだ

何かやりたい

そんな風に思っても

いつの間にか日常に流されて

そのままでいる人

友達にいうのはちょっと恥ずかしいけれど

誰かに話して

自分の気持ちを出してしまって

そこから動きたい

 

旦那さんの愚痴とか

ワイドショーとか

子供の将来の話ではなく

自分ファーストの話。

もっと素敵になりたい

 

そんな人と(仲間と)

おしゃべり会をしたいと思ってます

 

だからやっぱり

テンションの上がる場所で

ランチしながら話したいよね(´艸`*)

 

 

明日お店に予約取れたら

申し込みフォーム作って

また貼り付けます

 

10月22日(土曜日)に予定しています。

参加したいけれどこの日は無理!

という人がおられましたら

応相談です。

 

よろしかったら

その日を開けておいてくださいね

 

ロバート秋山のマイクロずぼら  そして我が家でも ずぼら許可!!

ロバート秋山 ええなあ。

最近のなりきり芸風の中でこれが秀逸!!

www.youtube.com

 

そして わがやのずぼら許可が出た話

家族からも自分からも、です。

 

 

昨日朝から疲れてどっぷり眠かった。

 

仕事帰りでも晩ごはん遅くなっても

カットしたかったので

予約したとおり行きました。

 

週末なので5時予約で

終わったのが

7時30分まわっていた。

 

むっちゃ眠いのに今から晩ごはん作らないと(;'∀')

 

家に電話すると

今日休日だった旦那が

「もう、晩御飯作っといたよ」

 

帰ってみると

肉と野菜を豆鼓とか花椒とか豆板醤で炒めた料理

冷ややっこ(ネギとしょうがのっけてる)

味噌汁(ホウレンソウと油揚げ)

ごはん

 

ちゃんと一汁二菜

むっちゃバランス取れてる!!

「これに何足したらもっとバランスとれるの?」

 

ひいいいいいっ!

f:id:hasegoro:20170923122523p:plain

 

 

食べ終わって まだ眠そうなヲタクシの顔を見て

 

「洗い物やっとくよ。」

 

 

今日朝寝坊して(またもや)

弁当に昨日のおでんの残りを温めて参加させ

台所洗い物 放置

洗濯も放棄していったのに

 

それもやってくれての発言。

 

 

ひいいいいいっ!

 

「これから俺が休みの時は

やるから気にしなくていいよ」

 

!!!!!!!!!!!!!!!

 

旦那が夕食の洗い物している時に

仕事に持っていった水筒おずおずと出すと

٩(๑`н´๑)۶

シンク掃除し始めているから気に入らなかったらしい

 

「いや、自分で洗うよ」

といったら

そういうことじゃない、という目で見て

「ごめんなさい!!」でしょ!

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)!!

 

そうか、彼の中では

今、洗い物はヲタクシの仕事ではなく

自分の仕事になっているのか。

だから、自分のペースを乱すことに怒ってるんだ。

 

 

ずぼらしていいんだ。

旦那も我慢している感じではない。

 

昔は家事育児はたまに

「手伝うよ」

(妻が一番カチンとくる発言)

だった。

 

ありがたく、受け取ろう。

 

そのかわり

適当に洗濯物をかごに放り込むこと

旦那が休みの時は気をつけよう

 

旦那が家事をしてくれる時は

旦那のルールにのっとろう

 

 

今日は土曜日。

寝坊してゆっくりしていたら

 

娘がブランチ作ってくれています。

 

 

何でこんなことになったかというと

流れが変わったみたい。

 

子供のころからの思考の囚われを外しました。

 

hasegoro.hatenablog.com

 そして

さんざん講師に言われていたのに

なかなか認められなかったこと

認めることができました。

 

 

 

自分が冷静に事実を認める。

それがきっかけになったのかな。

それも流れに加速をつけた。

 

 

 

ヲタクシも家事は

自分の仕事ではないと認めて

それでもやりたいことはやる

 

そして自分の一番やりたいこと

優先することは家事ではないので

(心地よい空間にすることは継続)

段取り決めて動く

 

今は自分のこと最優先

自分の健康 自分の好きなこと

自分のやりたいこと

自分ファースト

 

 

自分ファーストで

好きなこととことんやっていたら

自分が整い

自分の環境も整い

大好きな家族のしあわせも

健康も整う

 

自分の好きなことファーストの

時間を増やしていきたいと思います!!

 

告知

10月22日(日)

お茶会または

グルメ撮りっぷ

(たくさん熱量タカコと街歩き&グルメ)

 

参加者に条件をつけます

f:id:hasegoro:20170909131955p:plain

今の自分このままで終わりたくない人

もっと素敵な自分になりたい人!!

 

下の文章に「うんうん」とうなずくところがある人に

参加してほしいです

 

おしゃれして出かけたり

素敵な場所でのランチも

ちょっと素敵な街歩き

 

誰かに声をかけられたら行くけれど

機会があれば用意するけれど

自分ではなかなかできない

本当はやりたいのに。

 

 

友達に夢を語るのは

恥ずかしいし、でも誰かと語りたい

 

周りの友達に変わった人って

思われたくないから

自分のことを出していない

 

友達に話したら

「素敵ね~」って言ってくれるかも

でも

夢物語で終わらせたくないって

思ってるから言えない

 

そんな人と一緒にお話ししたいな

と思っています。

 

できたら面白いもの 美味しもの 

楽しいこと が大好きな人!!

かわいい雑貨とか大好きな人歓迎☆

(ヲタクシが好きだからです(´艸`*))

 

f:id:hasegoro:20170923122954p:plain

 

お茶会なのか

神戸の美術館とグルメを合わせた

初の神戸撮りっぷになるのか

考え中ですが

 

とりあえず日にちと場所だけ告知

 

10月22日(日曜日)

申し込みフォームは出来次第

ブログとヲタクシのメルマガ読者に

お伝えしますね

 

もしリクエストがあれば

コメント欄にお願いします

段取り力 仕事編

段取り力について、前回は料理について書きました

 

hasegoro.hatenablog.com

 今回は仕事の人間関係について書いてみます。

前に超ブラック企業にいて病気をして

そこからしくじり人生を変えた話を書きました。

 

そこで学んだことは

「人は人、自分は自分と割り切る」

「自分だけで抱え込まない」

 

残念ながら、世の中には自分の色メガネを外したとしても

どうしようもない人も存在します。

人のエネルギーを吸い取るような人。

 

f:id:hasegoro:20170922002911p:plain

その人の自己満足や保身のために、

我慢したり犠牲になる必要もなく

ましてや悩んだりする必要もない。

 

それがひどい場合はそこから離れる選択肢もある。

他の人に迷惑がかかるから、とか、考える必要はない。

 

 

 

人の仕事を押し付けられた時は、

やりたくない場合は

早めにはっきりさせといたほうがいい。

いやな人の場合は特に。

 

f:id:hasegoro:20170922003213p:plain

 それから今の仕事での話

昨年チームの上司が異動、アルバイトさんが辞めて

どちらも新しい方が入ってこられました。

 

 

チームの中で経験者はヲタクシひとり。

 

 

 

 

 

 

 

チームの仕事内容は一番わかっているので

チームがうまくまわるように

自分が動き

アルバイトさんの理解度や

進捗状況をみながら

できるだけ信頼しながら

仕事を遠慮せずにお願いする

お願いする時は期限を必ず伝える

どれくらい急ぐかも伝える

 

人によって得意分野があり

 

 

上司は他の部署などと連携をとったり

コミュニケーションをとるのが得意

人前で話をしたり、書類作成が得意

 

アルバイトさんは指示通り

丁寧にきっちりと準備などを行うのが得意

 

ヲタクシは2人の動きをみて調整したり

次の予定などを把握して

チームに伝えたり段取りや調整するのが得意

現場の動きや献立作成や衛生管理の仕事が得意

 

新しいやり方を取り入れるのが得意

 

 

チームでうまく分担し

お互いに信頼して動くと

仕事がスムーズにいく

 

f:id:hasegoro:20170922003544p:plain

そうなると仕事のストレスが少ない

仕事のストレスを家に持ち帰らない

これって帰ってからの家事や

趣味に専念できるので

本当に楽なんです

 

職場がいい、と言われたらそれまでなんですが

逆に言うと仕事がストレスでないと

日々の大半を気持ちよく過ごせるので

今までストレスの多い職場にいたことが

どれだけ自分のココロやカラダに

ダメージを与えていたことか

よくわかります

f:id:hasegoro:20170922004540p:plain

どうしようもない人間関係の職場または

どうしようもない労働環境の職場だったら

さっさと逃げるのがしあわせへの段取りでは

優先順位上。

f:id:hasegoro:20170922004635p:plain

 

ただし逃げても自分がしくじり体質だったら

そこに気づかないと同じ失敗が

やってくるということに気づくのが大切。

f:id:hasegoro:20170922004659p:plain

 

 

段取り力 仕事編 大切なこと

 

辛いけれど 仕方ないって我慢しないで

ひどい環境なら辞めることも考える

 

自分が心地よく働けるように、

まわりともうまくいくように仕事をまわす

でも無理はしない

 

仕事以外のこともできる気持ちの

余裕ができるように持っていく

 

とにかく心地よく過ごせるように

自分を整える(ココロもカラダも)

 

 

 

 

神戸 2日間 ビジネス塾で思考の囚われを外す!?

萌えコンというビジネス塾で勉強中。

今回は神戸会場。

SEO対策などのバリバリビジネス塾な内容 プラス

ザ・ワークという 

囚われている思考癖を外すワークをやりました。

 

7歳くらいまでの記憶を4つ書き出して

その出来事を客観的に書き出し

その時に感じたことから

どのような思考が作られたのか

探っていくのですが

 

人によって違うのはもちろんだけれど

たくさんあるはずの記憶の

どの内容が浮かぶのか。

それもまた面白い。 

 

4つを分析していくと

子供の時に出来上がってしまった

囚われパターンがある。

 

大人の理屈ではわからない。

子供の時の感覚で

そう思い込んでしまったもの。

 

囚われのパターンにはまって

同じ失敗を繰り返す

 

でも本人はその囚われに

気づいていないから、

余計同じ失敗や

嫌な思いで苦しむことになる。

 

例えば?

 

ヲタクシの場合は 

5歳の時足にやけどをして

包帯を巻いていったところ

たまたま

幼稚園でふざけて暴れていた男子の

キックが

ヲタクシの患部に当たり、

血がたくさんでて

すごく大泣きした記憶

 

6歳のとき、おとなしかったのですが

何もしていないのに

男の子たちに嫌なことされて

泣いたら男の子たちが謝ってくれた。

ほっとした反面、

すごく腹が立って悔しくて

おとなしいと

何もしていないのに

嫌なことされる。

言いたいことは言わないと損する!

と思った記憶。

 

そこから

ヲタクシにとって

 

男性は

しょうもないことをしてくる存在

 

世界は予測不可能なところ

怖いことがおこるところ

 

自分がしっかりして

弱い所を見せてはいけない

 

そんな思い込みというか、

囚われができたらしい。

 

 

 

 

ワークで 

自分でその思考癖を気づき

思考の囚われを手放す

  

その時は身を守るために

必要だったのかも

しれないけれど

今はもういらない囚われもある。

だから手放す。

 

それでも簡単に外せない人もいる

 

そこをなんとか外すのが萌えコン塾

 

普通の塾とは違います

 

「*@△:□✖~」(企業秘密)

 

すごいことが起こった!!

ここ。。。。ビジネス塾ですよね(;'∀')

 

 

そして囚われが外れたヲタクシが

いる世界は

とっても心地よい世界

 

 もう怖がらなくていい世界

もともと怖がる必要のなかった世界

 

 

「~ねばならない」という枷が

外れるととっても楽。

 

成功しそうになったら

全力で逃げる癖も

もうなくなるのかな

 

 

自分の望む世界になったら

何を一番にやりたいかという問いに

「海外に行きたい」

と答えた。

 

やっぱりそこ(;^_^A

 

世界中の

おいしいものや楽しいもの

見つけて

発信できるようにしたいなあ、

そう思ったけれど

 

この2日間 萌えコンで

インド料理とジャマイカ料理を食べてるし。

へへ、すでにプチ世界料理旅行に

でかけているのだ。

 

 

JERK CHIKEN↓

 

 レゲエってみた。

 

 

 

時短メニューのメルマガ、登録無料です!!

家庭料理はシンプルでいい。

「満足できるおいしさ 飽きない」

普段着でリラックスするできるような心地よい料理が

ココロもカラダも豊かになります。

 

健康や幸せのために料理を作るのに

無理に難しいものを作らなくっちゃ、と

しんどい思いをしなくていいのです。

 

普段の食事に簡単にプラスする1品など

気に入ったものがあれば気楽に、

ご家庭にあるものを使って作ってください

 登録はこちらです↓

www.reservestock.jp

 

 

 

 

 

 

食事の好み 夫婦バトル

 

友人が旦那さんに作った料理にダメだしされたらしい。

「内容がわびしい」

「辛い」 

「こうやって食べればおいしい」

「料理っていうのはにおい立つように作るんだよ」

 ↓

lanlanland.hatenablog.com

。。。。。。。。。。

 

料理の内容を見ても1汁3菜。

?????????

f:id:hasegoro:20170918055011p:plain

 

もしかしたら旦那さんはその日は

死ぬほどがっつり食べたい日だったかもしれない。

 

旦那さん側に一歩譲ってみた。

 

でも

 普段から料理上手なご実家と

比べられることも多いらしい。

 

 

多分奥様が品数を増やしても

旦那さんは今度は味つけのことをいうだろう。

味つけを好みにしても

旦那さんは今度は具材のことを言うだろう。

 

もし旦那さんのお母さんがこっそり入れ替わって

作ったとしても

「おふくろの味に似ているけれどもう少しだな」

とかなんとかいいそう。

 

そもそも その比較、いる?

今いる場所と過去にいた場所の比較。

 

そして自分の思いだけを

作ってくれた人に一方的に押し付ける

そのオレ様ファースト魂。

f:id:hasegoro:20170918055141p:plain

 

食べることは生きること

食事や食べ物に対する考え方は

その人の考え方や思いも

反映されていることが多い。

 

家族に対して一方的に好みを

押し付ける人は

自分の価値観を一方的に

押し付けている

 

家族だってそれぞれの思いがある。

好みだって違う。

 

それなら

大切な家族と一緒に食べる食事

 

食事があることに感謝

作った人に感謝

一緒に食べられることに感謝

 

そのうえで食べたいものがあれば

それを注文したらいいし

 

あ、頑張って作ってくれた奥様には

ねぎらいだけでいいです。

「頑張ってくれたね、でもこれはこうしたほうがいいよ

 余計な助言でバトルを誘発しないこと。

それ、奥様に怒りや悲しみの感情を

与えるだけで

旦那さんにメリットないからね。

 

褒められたら誰だって

次頑張るもんね。

奥さんほめて、伸びる力を楽しめ。

 

味つけの好みも

お互いに最高!じゃなくても

心地よく感じられるところで

「おいしい」とする。

 

家庭料理は

「むっちゃおいしい!!」

の連続でなくてよい。

(おいしいものは脂肪と糖でできている)

「満足できるおいしさ、飽きない」

が基本。

 

毎日ドラマはいらないのと同じ。

毎日ドレスがいらないのと同じ。

  

ちなみに我が家は

品数が少なかったらそれでその日は

良しとする場合もあるし

食べたい人が勝手に増やすこともあり

(ただし自分でやる)

 

味つけの辛味プラスなどは自分でちょい足し。

 

 

ちなみにヲタクシ

旦那が食べ過ぎる時は

「食べ過ぎだ!!」は言います。

 

「食べたい時に食べたいものを好きなだけ食べたらいいねん」

という人がたくさんいらっしゃいますが

カラダの健康を維持するセンサーが正常に機能している場合は

良いのですが、ストレスや食欲(別腹)というもので

センサーを無視する人がたくさんいるので

 

そこは作り手も、いわれるがままに

無制限に作ったり用意するより

家族の健康という大切なものを優先する、という

考えを伝えて反映させてもいいと思います。

 

 

時短メニューのメルマガ、登録無料です!!

家庭料理はシンプルでいい。

「満足できるおいしさ 飽きない」

普段着でリラックスするできるような心地よい料理が

ココロもカラダも豊かになります。

 

健康や幸せのために料理を作るのに

無理に難しいものを作らなくっちゃ、と

しんどい思いをしなくていいのです。

 

普段の食事に簡単にプラスする1品など

気に入ったものがあれば気楽に、

ご家庭にあるものを使って作ってください

 

www.reservestock.jp

 

段取り力  料理について

今回は家事の段取り力について書きます。

まずは料理。

家事で一番時間がかかるのが料理。

 

ヲタクシは管理栄養士という仕事をしていますが

 

料理の本は何十冊も読んでいます。

 

材料や調味料を書いてある通りに作っても

撮影した写真通りになるとは限らないのですよね。

調味料の数字もその通りではないし。

そして本を読んでいて思いました。

 

何だ、料理の本ってどれもほとんど同じだ。

 

調味料や材料がちょっと変わるだけで

そんなに変わった料理はない。

専門書は別として。

 

パターンは決まっているんですよね。

 

そして仕事をしていて思うこと。

人は慣れ親しんだもののほうが好きみたい。

 

日々食べるものって

そんなに難しくなくていいんです

むしろシンプルで

そこそこおいしくて満足のほうが飽きないんです。

 

それならシンプルな料理、簡単な料理で

調味料や食材の組み合わせを変えるだけで

基本は同じほうが味のブレが少ないのです。

 

凝った料理は特別な日でいいので

そんなにメニューは悩まなくていいのです。

ワンパターン(/・ω・)/ok

 

 

担当している中学校の弁当のメニューです。

f:id:hasegoro:20170912201604j:plain

副菜はサラダとかおひたしとか

味噌汁とか

具材の組み合わせを変えて出します。

中身が違うと別料理ですよね。

1か月同じ組み合わせにならないようにして

出しています。

生野菜が出せなくて

家庭よりも出せる食材が限られているんですが

飽きずに食べられます。

特に副菜はシンプルがいいですね。

 

家庭ではこんな献立は

毎日できそうにはありませんが(;'∀')

 

献立名だけでも

あ、こんな組み合わせもあるんだな

と参考になればと載せました。

メインは中学生向けで

かなりこってりしてるので(;'∀')(;'∀')(;'∀')

副菜の組み合わせを参考にしてください

 

管理栄養士のヲタクシのメルマガ(登録無料)

 

時短メニューのメルマガを発行しています。

これは手抜きメニューではありません。

珍しいメニューでもありません。

楽に料理を作るコツやパターン

実際に作ったものを紹介しています。

材料を自分で変えるだけでまた違った料理になりますので

気に入ったものがあれば試しに作ってください

 

www.reservestock.jp

 

 

協力してもらうことも段取り力になる話

段取り力のポイント を書く と

前回ブログの終わりに書いてしまったのですが

段取り力とちょっと外れてしまうけれど

先に自分の好きなことを優先したら

周りが変わった話を書きます。

 

楽団に入ることにしました。

楽団の練習が

毎週土曜日18時から21時。

仕事は土日休みでしたから

支障はないといえばない。

 

土曜日はごはんを作って出ていく。

旦那さんが土曜にいない日もあるので

その日は子供と一緒に晩ごはんを食べてから

出かける。

 

初めは少し不服そうだった旦那さんも

意外と協力的になってくれました。

 

ヲタクシがとても楽しそうにしている姿

ちゃんと家事もやっていることに安心したみたい

そして演奏会にも来てくれる。

娘も吹奏楽部だったので

そして自分が「ママの楽器見たい」と

言ったことによって始めた活動、

応援してくれました

 

そのうち

時間がない時は旦那さんが

「ごはん作っとくわ」

と言ってくれるようになりました。

 

 

ある時牛すじのスープが飲みたくて

作ってくれと言ったのですが

ヲタクシが乗り気でないで

旦那さん 自分で作ることになりました。

 

家族に褒められ

そこから料理の作り方を

聞いてくるようになりました。

 

旦那さんはもともと美味しいものは好き。

ちょっとコツを教えると上達が早いし

ここを洗わないと次に困る

などと教えたら

片づけもあっという間にしっかりできるようになり

最近では料理終わったあとの片づけは

ヲタクシより完璧かもしれません。

f:id:hasegoro:20170912022004p:plain

ヲタクシが仕事をバリバリしていた時や

病気だった頃

ヲタクシが食事の用意をできなかった時

惣菜を買ってきたり、

娘と外に食べに行ったりしていたのに。

 

 

本人も料理が好きだったことに気づけて

良かったのでは?

 

 

あんなにブラック企業で働いていた時に

保育園の送り迎えも

家事も仕事もほとんど一人でやって

しんどかったのはうそのよう。

 

家族をもっと信頼して

頼んだり、自主性に任せておいたほうが

上手くいったのかもしれないです

 

そこからは活動の幅がどんどん広がって

やりたい活動があれば

スケジュールに優先して入れ

家事は自分のできる範囲で

出来ない時は家族にお任せに

しています。

 

「タカコさんのうちはそうかもしれないけれど」

「うちはやってくれない!!」

という方もいるかもしれませんが

 

うちもそうでした。

結婚した時はヲタクシが仕事をするのも

ゴミ出しを頼んでも嫌そうだった旦那ですよ。

少しずつ家庭はこう、という

思い込みも取れて行ったこともありますが

(奥さんが怖いのかもしれませんが)

 

家事は自分の仕事、と思わずに

「やりたいことがあるの」

というと協力してくれるかもしれません。

 

いきなり というわけにはいかないかもしれない。

でもこれからのことも考えて

家事はひとりでやるより

家族でやるほうがいいですよね。

 

将来旦那さんも家事を

余裕でできる能力があるほうが

もし自分が病気になったりした時に

安心ですよね。

 

子供にも将来

お母さんがいなくなって何もしないお父さん

何もできないお父さんの

心配かけたくありませんし。

 

子供も家事ができるほうが

絶対いいし

 

 

自分の時間を増やすには

家事の作業にかかる手間は減らしたほうがいい

そのコツを次に具体的に書きますね

 

そして自分時間ができると

自分が変わることについても。

 

つづく

 

管理栄養士のヲタクシのメルマガ

料理の時短はコレ↓ 

www.reservestock.jp

 

手抜きでも美味しく、食べて満足というのがポリシーなので

興味のある人は登録無料ですので、ぜひメルマガを読んでください。

 

単に時短料理の作り方が載ってるだけではなく

ちょっとしたコツや、

給食や食品業界って政治とかが絡んでるんだなあ、というつぶやきとか

あまりオープンには語れないこともこそっと書いてます

 

www.reservestock.jp