読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱量ちょいタカコの告白

いろんなものを愛する熱量ちょいタカコの私。世の中素敵なことが多すぎるんです!!チョイ熱かったらごめんなさいね(●´艸`)

京都ぐるめ撮りっぷ 第2弾♪ 企画しました。6月10日(土曜日)ですよ☆

京都ぐるめ撮りっぷ第2弾♪

6月10日(土曜日)

京都ぐるめ撮りっぷを企画しました。

詳細と申し込みはこちらから↓↓↓


6月4日(日曜日)

レンタル着物で京都の町を歩く

京都きもの撮りっぷも企画しています。

詳細と申し込みはこちらから↓↓↓


京都ぐるめ撮りっぷ第1弾は

3月に行いましたが

とても楽しかったのですよ。

その模様はこちら↓↓↓

(続きはブログのカテゴリー 撮りっぷに入ってます)


楽しいこと発見、

京都をまわるだけでなく

料理のコツ、とか

献立の作り方、とかも

ツアー中にお話ししますよ♪

近々新しい店を下見に京都に行ってきます。

楽しいこと間違いなし。

ぜひ参加してくださいね。

 

f:id:hasegoro:20170523003943j:plain

↑これは前回の撮りっぷで撮影したものです。

 

ブログ改造中 告知 京都撮りっぷ

ブログを少しずつ改造します

ブログ診断を受けました

 

ブログを始めて110日たちました。

まさか私がブログを書くなんてね。

自分のことをわざわざ大っぴらにするなんてね。

ただ、ブログを書いていて

私のブログ読んでいて

長くだらだらと書いているから

読みにくいだろうな。とか

いろいろ思うところがあったので

読者目線で診断をしてくれるとありがたいな、と

くどぴーにブログ診断をしていただきました。

 

くどぴーとは、

自分の好きなことをじぶん仕事にする萌えコン塾で

一緒なんですが、

人がうまくいくように導いてくれたり、

アドバイスしてくれるのが上手なんですね。

そして適切かつ丁寧なお仕事をしてくれる人。

 

kudop.hatenablog.com

たくさんご指摘いただきました。

 

うん。治せるところは直していこう。

そして、たくさんの人にブログを楽しんでもらおう。

 

今まで書いてきたものを

書き直したり、というのは

できないけれど

カテゴリーを見やすく、とか

少しずつやっていこうと思います。

f:id:hasegoro:20170416235001p:plain

 

 

 

 

告知

6月4日(日曜)

レンタル着物で京都の雑貨やカフェをゆるゆると楽しむツアー

京都きもの撮りっぷを予定しています。

ぜひ参加ください。

料理のこと、献立のこと、調味料の選び方、などもどんどん聞いてくださいね

詳細、申し込みはこちらをクリックしてください↓

長谷川ようこ はせがわようこ 京都きもの撮りっぷ(着物で京都の雑貨やグルメを楽しむツアー)

 

6月10日(土曜日)は

京都ぐるめ撮りっぷを開催予定です。

こちらは京都の美味しいもの、雑貨や

楽しいものを巡る企画です。

こちらは申し込みフォームを今週中につくりますので

まずは告知。

 

写真は前回の京都ぐるめ撮りっぷで撮影したものです。

ワクワクしますね!!

一緒に京都を楽しみましょう♪

 

f:id:hasegoro:20170329230140j:plain

 

f:id:hasegoro:20170328000955j:plain

f:id:hasegoro:20170328224557j:plain

 

 

 

ブーメラン♪ブーメラン♪(秀樹ではなく←古。)

やっちまったぜ!!ブーメラン!!

自分の言ったことが自分に返ってきてイタタタタの状態です。

 

f:id:hasegoro:20170518225301p:plain

今日は仕事で外回り。

たまたま今日訪問した方(Aさんとしましょう)

の娘さんとうちの娘、中学校時代、学校は違うけれど、吹奏楽部で知り合い同志。

そのうち子供だけでなく、私も吹奏楽を始めたのをご存知。

子供の部活の話になり、その時 

A「私も音楽が大好きなんで、やりたいんですよ~ウクレレ

 

私「あ、いいじゃないですか。始めたら

 

A「いやあ、無理ですよ。楽器ないし。だってタカコさんは楽器持っていたから始めたんでしょ」

 

私「でも、いまはレンタルできる教室もありますよ」

 

A「私も、ずっと通いたいな、と思って△△の(ショッピングモール名)カルチャースクールとかのぞいてるんですけれどね」

 

私「じゃあ、あとは申し込むだけじゃないですか」

 

A「でもお金がないしね」

 

私「今、こうやって働いているじゃないですか。そのパート代で通えば

 

A「いやあ、いろいろ要りようだから無理ですよ~」

 

私「じゃあ、何で働いてるんですか」

 

A「生活費が足りないんですよ。。。」

 

 

。。。としばらく話していると

 

私「でも習うと決めて申し込んだら意外と何とかなりますよ。

だって何もしていなくてもお金、使うし、いつの間にか消えてしまうでしょ」

 

A「家計簿つけたことないからどれだけ使ってるかわかんないんですよ。買い物も毎日無駄なもの買ってしまってるし」

 

私「やりたいことがあったらそちらのほうにお金使うから、優先順位が変わって無駄遣いの分は使いたい事につかうようになるんですよ」

 

A「そうですかね、でもね、私最近ジャズにはまってて ジャズもいいなって思ってるんですよ」

私「私もジャズ大好きですよ♪じゃあ、サックスとかどうなんですか?楽器貸してくれるところありますよ。レッスンで貸してくれて欲しくなったら買い取ることできるところありますよ」

 

A「でもやったことないし」

 

私「じゃあ、さっき言ってたウクレレのほうがいいんですかね」

 

A「でも、私車運転できないから 楽器もって移動できないんですよね」

 

私「私も車持ってないけれど、楽器担いで電車乗ったり自転車で移動してますよ」

 

A「あー、でも私他にもやりたいこともあるんですよね。旅行とか。」

 

私「旅行とかいったらいいじゃないですか」

 

A「でもお金ないですしね」

 

私「今パートで働いているのはそのためじゃないですか。パートで働いてるお金を趣味にも使う、ってしたらダメなんですか。決めないといつまでたってもやらないんとちがいますか?たぶん5年後もそんなこと言ってますよね~」

 

A「そうなんです~、5年前何かしたいと思ってこの仕事始めたけれど、その時からずっと思ってるんです、ウクレレ習いたいな~って」

 

この長いやりとり。。。。。。

 

そうなんです。別に彼女は気づいていないんです。

ずーっと思っているだけで、何もやっていないから何も進んでいない。

何かしたいけれど、お金がない、とかいろいろ理由をつけて動いてない。

 

それは別にいいんだけれど、

このままだったら、5年後もそのままですよ、といったら

5年前からずっと考えていた、というところにぶったまげたのです。。。。

 

5年前にこの仕事を始めるのも、すごく悩んで悩んで申し込んだそうです。

 

でも、お金は結局生活費に消える、といいながら家計簿をつけたことがない、

たぶん本当には切羽詰まっていないんです。

 

そして、これもやりたい、あれもやりたい、って旅行とかいろんな話をするけれど

結局ウクレレがやりたい、弦楽器がやりたい、って話が戻ってくる。

 

私「じゃ、まずは近くのウクレレ教室、探したらどうでしょう。娘さんに調べてもらってもいいから。」

というと

 

A「でもピアノにも興味があるし。。。、いろいろ興味があって迷うんですよね」

 

私「どこでも無料体験、ってやってると思いますよ。もし楽器のことが気になるんだったら、正直にお金ないから楽器買えないんですが、貸してもらえますか?、って聞いたらどう?」

 

A「タカコさん、いい性格してますね。。。。」

 

多分、問題があってもそれの解決を言われると別のいいわけ理由、それがダメなら別の話題になってしまう。。。。。

 

A「でも、そうやって言ってもらわないと動かないんですよね。。。言ってくれたほうがありがたいんすよね」

 

というから、何かしたいんだと思う。。。

 

私「60歳とかから始めるよりはやりたいんだったら、

そろそろ始めといたほうがいいんじゃないですかね」

 

A「やっぱり△△のカルチャースクールに行ってきます」

 

私「じゃあ、次あった時 また聞きますね」

 

 

 

きっと私も程度はどうであれ 

こうやっていろんなことのできない理由をさがしているのかもしれない、

 

そしていろいろ理由を作ったり、はぐらかしているうちに、

それは埋もれてしまっているのかもしれない。

そして埋もれているもののなくなっていないから、いつまでもココロの中から消えないのかもしれない。

 

仕事中にする話ではないんですが。

 

人と話しておいて、じわじわとわが身にブーメラン☆ 

 

結構事故レベル

 

 

音楽始めたい!!って人には

むっちゃ熱くやれやれ、言います。

絶対大人になってから、って楽しいから。

とにかく、

やってみたらいいねん。

 

おっと。。。

また小ブーメランがきた。。。

f:id:hasegoro:20170518235439p:plain

イベント告知☆ 6月4日(日)京都の街を着物をレンタルして歩こう!!京都きもの撮りっぷ

着物で京都の街を歩きませんか??という企画告知☆

3月に京都ぐるめ撮りっぷというイベントをやりました。

とっても楽しかったので(その時の模様はカテゴリー 撮りっぷをみてくださいね)

京都ぐるめ撮りっぷのブログ記事はその7までありますが その1はこちら↓

そのあと家族でレンタル着物で京都歩きしました(その時のブログ記事は

こちら↓)その2までありますが、こちらも撮りっぷのカテゴリーに入ってます。

 


この2つの撮りっぷを合体させた楽しさです☆

 

京都の街を着物で歩く☆彡

(*時期的に 浴衣になると思います)

f:id:hasegoro:20170518000540p:plain

ちょっとワクワクするでしょ???

レンタル着物は、着物、帯、小物、バッグ、足袋、草履と着付けこみで3000円~、

男性の着物もあります。

気楽にゆるゆると京都の街を歩いたり、雑貨をみたりお茶したり、

ひとりではなかなかやりにくいけれど、やってみたいですよね☆

しかも

写真ヲタクの熱量タカコが、

あなたの写真をたくさん撮るんどすえ(←京都の人に謝れレベル)

 

f:id:hasegoro:20170518000453p:plain

 

自撮りとかしなくても、いいんです。

雑貨をみて喜んでる姿、いただきます(´艸`*)

この雑貨いい!! すでに写真に撮ってます

むっちゃ美味しかった!!  もちろん写真にのこしてます

レンタル着物の店、お食事の店、お茶する店、雑貨の店

お任せください。

 

あなたは 集合場所にいって好きな着物を選んで 着せてもらって

楽しい時間を過ごす  おみやげを買う

 

楽しむことに専念してください。

 

レンタル着物だから 普段の着物よりも冒険もできます。

服や荷物は預かってもらえるので、何も準備しなくても大丈夫ですよ!!

 

 

 

 

f:id:hasegoro:20170518000422p:plain

こんな楽しい1日を一緒に過ごしてみませんか??

 

詳しくは↓


6月10日(土)に京都ぐるめ撮りっぷも予定しています。

6月4日(日)が無理な方はそちらもそのうち告知しますので

ぜひご参加ください☆

 

 

 

 

しくじり先生と元しくじり先生 最終回  ちょっと長いよ。

大事件が起こりました!!で前回終えました。

別に引っ張ってるわけではないですよ。前回はコチラ↓

しくじり先生シリーズは結構長くなってきたので、もっと見たい人は過去の記事を

検索してください。タカコの告白のカテゴリーに入っています

 

レイキ上級コースを受けて、レイキは単なるヒーリングではないと知った私ですが

↓レイキについてはこちら

NPO法人日本レイキ協会

 

上級コースを受けて1週間後、(たまたまかもしれませんよ)

朝、旦那が脂汗をかいていて脚の付け根のあたりが痛い、とうずくまっている。

苦しそうにしながらも

「悪いけれど○○医院に証明、取りにいってくれへん?」

前日に診察に行って、職場にいわゆる”就労可能という証明書”を頼んだというのです。

○○医院に行き、当たり前ですが、旦那が苦しんでいることも伝えました。

 

先生が出てきて

「オタクの旦那さん、何回言っても全然診察に来ない!!言う通りにしない。

証明書けない、って何度も言ってるんですよ、あんなに血糖の数値悪かったら。

即入院レベルです。今、出ている症状も糖尿病が原因です!!」

 

「は???血糖値が異常??」

 

「そうです。今から糖尿病専門の△△病院に入院の予約します。すぐにタクシーで病院へ行ってください、奥さんわかりましたね!!」

f:id:hasegoro:20170514173215p:plain

 

実は旦那は数年前に健康診断の結果が悪かったので、食事療法をしたことがあります。

すると数値は改善し、次の年なども正常値となりましたが、それからは健康診断の結果を持って帰らなくなりましたが、わざわざそれを聞くこともありませんでした。

 

急なことなのでオロオロしながらも言われた病院に行く。

するとだいぶ待たされた上、

「そんな症状があるのなら、うちは糖尿病専門病院だから、総合病院に行ったほうがいい」

ということで、一旦家に戻り、総合病院の診察はもう終わっていたので、どうすることもできず。

次の日朝早くから病院にタクシーで行く。

混んでいるうえに初診でしかも原因がわからないので

どこに診てもらえばいいのかわからない。

整形外科、内科、など複数の科を受けることになり、

しかもレントゲンや血液検査、血液検査のデータが出ないと

診察にたどり着かないので

だんなはソファでうずくまっているのに何もできない。

そして医院で糖尿で至急入院と言われたけれど、糖尿病専門病院からも

紹介状があり、よけいややこしいことになり

さっき血液検査したのに また血液検査に並び

感染症の疑いもあるから、とカルテが飛び回り、

トイレに行っている間に名前を呼ばたり、いったいどこへ行けばいいのやら。

やっと診察と診断、というころにはもう夜。

 

膠原病の疑い。

血糖値は正常値の6倍くらいの数値。

「健康診断でわかっていたでしょ」

という私の問いに

「怒られるから黙っていた」。。。。。子供か!!

 

子供が小学生だったのでとりあえず一旦帰って

事情を話して

入院の手続きなど。。。

 

結果 ざっくりいうと

膠原病の治療をすると薬の副作用で

糖尿病が悪化するみたいな感じなのだが、

まずは膠原病の治療からとりかかる。

 

そして糖尿病にも取りかかっていくのだが

ここまで数値が悪いと 入院して

静養と食事療法をしないといけない、ということで

旦那は休職することになりました。

 

ちょうど職場では前の記事で書いていた

台風のような人が猛威をふるっていたので↓

仕事でもストレスたまっていたし、

仕事をやめようかなと思っていたけれど

仕事が終わってから娘を連れて病院に行くか

娘をおいて病院に行き、遅い夕食をとるなど

何が何だかわからないくらいバタバタしていました。

f:id:hasegoro:20170514173241p:plain

 

 

旦那の給料も休業中は手当などがなくなるけれど

給料から引かれるものは変わるわけではないのに

保険金が出るまでは入院費などの請求はあるわけで

また見舞いに来られた方のために飲み物を用意したり

雑誌を買ったり小物を買ったり

お見舞いに行った日の食事は外食になったりするので

何かと費用がかさむ。

 

レイキ、とは関係ないかもしれないけれど

ココロとカラダを整えていってたのに

どうしてこうなってしまったんだろう。。。

ちょうどレイキ協会のところで

みんなが参加できるコミュニティーがあったので

自分の今の気持ちを書き込んで

いろんな人に相談していました。

 

旦那が退院してから

しばらく家で療養。

私が仕事に行って帰ってきて

食事などを作る。

 

旦那も気を遣って

洗濯などをやってくれるけれど

あまり外には出られない。

 

仕事から帰ると家に旦那がいて

というのは夜勤のある仕事なので

珍しくないんだけれど

旦那が毎日ずっと家にいるというパターンはなかった。

何となくお互いになれないパターンに

ストレスを感じていた。

 

その上、糖尿病の食事。

私は管理栄養士なので

普段から栄養価計算もしているし

普通の人よりは楽なのかもしれない。

でも、糖尿病の食品交換表を使ってみてわかった。

 

こんなものできるか!!

f:id:hasegoro:20170514173450p:plain

普通の人が簡単に計算できるように、と作られたはずなのに

縛りになって献立が思うように立てられない。

というより、普段食品成分表を使って、献立を作っているから

逆に、この食品交換表の矛盾がやたらと目につくのだ。

 

そして砂糖の代わりに甘味料

 

甘味料に対しては私の舌は敏感で

よくノンカロリーとかローカロリー食品に使われる

アセスルファムカリウムアスパルテームなどは

いつまでも舌がしびれてしまうし

ラカントなんかは天然甘味料というけれど

「舌がしびれる~苦い!!」

 

こんなものを使ってられない!!

f:id:hasegoro:20170503233924p:plain

こんにゃくのお米の形をしたマンナンごはん

旦那は大丈夫だ、っていってたけれど

私の中ではご飯の中に米粒、ふにゃっとした米もどきが

混在していて、口の中で調和しなくて気持ち悪くなる*

(かやくごはんのこんにゃくは味がついてるからOK)

やめました!!(*個人の感想です)

 

その頃糖質制限食、という本が出回り始めました。

糖尿病だった先生の糖質制限食の治療

本も買い、それに基づいて

いろいろ試したけれど

 

やめました!!

 

旦那はしばらくはインスリン注射を打っていました。

薬も併用してました。

 

時々低血糖を起こしました。

風呂掃除、など根をつめてやる作業のあと

散歩に行って急に。

 

思うように動けない

家にいるストレス

たぶん私に対して申し訳ないと思う気持ち

病気に対する不安とストレス

 

あまり文句をいわない人でしたが

「好きに食べさせてよ!」

と喧嘩になることがありました。

 

初めは

「誰のためにやってるとおもってるのよ!!」

とこちらもゆずらなかった。

 

でも

一度、旦那が取り乱したときがあった。

 

こんなに温厚であまり文句も言わず

私の料理は何でもおいしい、と言ってくれる旦那が

こんなに取り乱すなんて。。。。

旦那の糖尿が悪化するよりも先に

旦那がストレスでまいってしまう!!!

 

インスリン注射も打ってるし

薬も飲んでいる。

ちゃんと通院もしている。

 

普通の食事を美味しく。

ストレスなく楽しく。

それで 様子をみよう。

 

管理栄養士だから、って

頑張り過ぎて

逆に旦那の気持ちのことおろそかにしていた。

病気なんだもん。

ごめんね。

甘いかもしれないけれど

 

糖質制限

一緒に食べていて思った。

何か幸せがそがれる。

そして肉などタンパク質や脂質を

炭水化物がわりにとるのは

身体に負担が来る

ご飯を山盛り食べなくてもいいけれど

ストレスがたまる

(個人の感想です。それと体質)

 

あ、ここでも糖質制限食というのは

ちゃんとその権威の先生が書かれた

きっちりした糖尿治療を目的とした

糖質制限食について書いてます。

(GI値とかも考えたやつ)

 

たぶん晩ごはんに米少な目、とかいう

ゆるい制限食はいいんですよ。

糖質制限食やってます、といいながら

サラダに市販のドレッシング(砂糖たっぷり)かけて

シリアル食べてるような

なんちゃって糖質制限食の方は

当てはまりませんので

お気になさらずに

趣味のダイエットを続けてくださいな。

 

 

インスリン注射は大変だから

薬にかえてもらうように

旦那が病院に行かなくなった。

仕事が忙しい、とかなんとかいって

家でゴロゴロしている日もあるのに

病院に行かない。

 

糖尿病は合併症が出るまでは

これといって大きな症状がでないので

こうやって治療をやめてしまう人もいる。

 

旦那に転院をすすめた。

確かに病院が遠かったら行く気がそがれる。

前に行った糖尿専門病院なら家からそう遠くない。

 

その病院に通いだしてしばらくして

旦那はインスリンの分泌がほぼなく、

糖尿病を発症していることがわかったのだ。

 

2型糖尿病はざっくりいうと食生活や運動習慣が生活習慣からくる糖尿病

(もちろん遺伝要素も加わる)

1型糖尿病は、膵臓からインスリンが分泌されずにまたは分泌量が少なくて発症するが小児から思春期に発症する、

旦那はもともと太っているから2型として治療を続けていた。

けれどもともと親類にも糖尿病の人がいるし、

もしかしたら1型だったのかもしれないし、

2型だけれどもうインスリンの分泌が枯渇しているのかもしれない。

 

でも薬ではなく、インスリンを打たなければいけない

レベルというのは確かで

食事療法でなんとかなるわけではない、ということらしい。

また薬だけで治療は無理なレベルらしい。

 

病気をなくしたり、

血糖値を正常に近づけることに躍起になるより

もう病気は受け入れ

QOLを重視して

インスリン注射を打ちながら

血糖コントロールをしながら

ココロもカラダも整う食事をとるのが

一番本人にとっても家族にとっても

幸せな生き方だときりかえることにしました。

f:id:hasegoro:20170514173641p:plain

最近は食べ過ぎだからもっと食べる量、減らしてくれていいけれどね

 

ももしあの膠原病の発症がなければ

旦那はずっと健康診断結果を隠したままだった。

そういう意味では

レイキ上級コースを受けてすぐに旦那が病気を発症したのが

家庭を整えるきっかけになったのかもしれません。

 

余談ですが 昨年旦那もレイキを始めました。

そして上級コースを受けています。

私はあまり人にはレイキをしませんが

家族には時々やります。

いつもやってもらってるから

自分でもやってみたい、と思ったんですって。

 

 

真面目に毎日レイキをやっているおかげで

今まで腰痛などがひどく、

鍼やマッサージなどにしょっちゅう通っていた旦那は

今では全く通っていません。

娘が体調悪かったら旦那がレイキを施術してます。

 

私は。。。。熱心ではないのかな。

 

でも家族2人でレイキをするとパワーがすごいです。

こんな世界があるとは思いもしなかったし

 

振り返ってみると。。。。

いつの間にか私の周りには

しくじり先生時代のような

いくら努力しても根こそぎ倒していくような出来事や

エネルギーを奪っていく人

いじわるなことをする人はいなくなっていました。

そして

いつのまにか

日常が毎日小さな楽しいことの集合体になっていました。

レイキを始めたころに聞いた

そんなことあるんかな、と思っていたこと

↓前のブログ投稿を引用

 

自分がマイナスの運勢で動いているとすると

ずっとしんどい状態。

でもレイキを続けていくと

運勢がマイナスからプラスへいったりきたり、

そのうちプラスになり、少しマイナス側に触れても

それが座標軸でいうマイナスにまでは到達しないようになる。

 

f:id:hasegoro:20170514005052p:plain

こんな世界が当たり前のように広がっていました。

レイキのおかげだけではないけれど

病気になったことで毎日生きていることに感謝

病気の時に助けてくれた人たちに感謝

そしてスパイラルから這い上がってこれた

自分に備わっている見えない力に感謝です。

 

3年前に吹奏楽を始めたタイミングも

いろんな嵐が去った後に

娘が「ママの楽器がみたい」

といったことから始まって

たくさんの仲間ができました。

そしてその仲間の知り合いからfacebook

自分が付き合いを絶ってしまっていた

友人とも再びつながることができて

本当に家庭にも友人にも仕事にも趣味にも恵まれ

充実した穏やかで楽しい生活を送っています。

ほじくりだしたらあるのかもしれませんが

f:id:hasegoro:20170514173132p:plain

今は

熱量ちょいタカコとして

いろんな人を楽しい気持ちに巻き込んで

一緒に笑って

一緒に幸せを満喫できたらうれしい。

そして

萌えコン塾に入ったからには

自分のパッションに従って

萌えるじぶん仕事をはじめて

(それが何なのかはガクガクブルブル。。。覚悟中)

飛べるようになりたいです。

 

しくじり先生の書けなかったエピソードなどは

興味のある人は、そのうち

グルメ撮りっぷなどイベントをしますので

その時にいくらでも聞いてね(´艸`*)

ブラック企業ネタは本1冊分にできる位あるよ。)

私にとって過去のことはもう、すでに笑い話なんで

仕事で悩んでいる人は、

「私、タカコよりはマシだな」

と元気になってくれるのでしたらいくらでもお話しますわ。

f:id:hasegoro:20170514173104p:plain

 

長くなりましたが最後まで読んでくださってありがとうございます

【プロフィール 】

長谷川葉子

 

現役管理栄養士
(病院、幼稚園、社員食堂、老人福祉施設、障害者支援センター、教育委員会で勤務経験)

食べることは生きること。
子供の食育も大切ですが、
まずは大人に食や栄養の知識をたくさん知ってほしい。
豪華でなくても 難しくなくても 手が込んでなくてもいい、
本当にココロとカラダがよろこぶ食べ方を知ることは、より豊かに生きていくヒントになると思います。

難病と診断され、自らの知識に東洋医学食養生を取り入れて社会復帰した過去を持ち、現在も現役管理栄養士として働きながら家庭と趣味をこなす毎日。
20数年ぶりに吹奏楽を始めて
ますますココロもカラダも健康になっているエピソードの持ち主でもあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

メルマガ2つやってます★

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp

元しくじり先生 気功教室を探したはずが。。。

しくじり先生ではなく元しくじり先生の話、続きがあります。

前の記事から時期的に少し戻ります。

病気で静養の時、東洋医学の梁平先生と出会い、月1度の勉強会に参加していた私でしたが、疑問に思っていることがありました。

↓勉強会に行っていたころの記事はコチラ

hasegoro.hatenablog.com

先生の勉強会には主に鍼灸院の先生、先生の治療を受けている患者さん、東洋医学研究をされている方などが参加していて、皆さん博識でした。

先生は京都で気功の教室も開いておられて、勉強会でその時の話も時々出てきます。

私より後に勉強会に参加した患者さんが

気功教室に参加した話も出てくると、

「あれ?何で私だけ気功教室のこと、教えてもらってないんだろう」

先生は私のことを気にかけてくださっている様子なのに。

そこで聞けばいいのに、なぜか聞くのに勇気がいりました。

 

f:id:hasegoro:20170514004833p:plain

家でネットで京都の気功教室を検索してみました。

途中で何度も同じ言葉を何度も目にするのです。

 

レイキって???

 

霊という響きが怪しげな感じ?

でも、その単語に聞き覚えがある。

大学時代の友達がレイキやってる、とか言ってたのを思い出す。

 

それでレイキを調べてみることにしました。↓

↑こちらは姉妹サイトですがレイキについてわかりやすく書いてあるので

引用しています。

内容はコチラのほうが最新↓

NPO法人日本レイキ協会

 

いろいろな団体があったのですが

このNPO法人日本レイキ協会のサイトが

レイキの歴史やどんなものか、が詳しく書かれてあり

決して怪しいものでもないということがわかりました。

 

鍼で自分のカラダの中に空気みたいなものが動くのを体験していたので

気、というのは存在するというのはわかっていたし

世界では医療行為として認められていることや

手を当てることでカラダだけでなく

人生も変わっていく、

いったいどんなもの何だろう、と思ったのです。

 

すぐに初級、中級を申し込みました。

初めはイメージなど全然できなかったけれど

何となくこんなもんかな、できてるのかな、という状態。

でも、いろいろな実験をしてもらうと

人の手から温かいものが出ているのがわかりました。

練習会にも参加しました。

 

そして自分で行うだけではなくプロのレイキ施術者から

レイキを受けるようになりました。

 

 

自分がマイナスの運勢で動いているとすると

ずっとしんどい状態。

でもレイキを続けていくと

運勢がマイナスからプラスへいったりきたり、

そのうちプラスになり、少しマイナス側に触れても

それが座標軸でいうマイナスにまでは到達しないようになる。

 

f:id:hasegoro:20170514005052p:plain

その話を聞いた時 そんなことがあるの?、くらいにしか

思っていませんでした。

だって(今までの記事を読んでもらっているあなたにはわかると思いますが)

私の人生、いつもいろんなものに振り回されているんだもん。

成功している人は別の種族の人。

努力しても一所懸命に頑張っていてもいつも

ハカイダーみたいな人が現れるし。。。

すんません、年齢バレバレな古いネタ(;'∀')

f:id:hasegoro:20170514002410j:plain

 

 

レイキでどん底からどんどん運勢が良くなり

今ではセミナーなどを開いて成功している

そんな話を聞いてもまったくピンときませんでした。

 

その頃は自己啓発本なんかを読んだりセミナーに行っていたけれど

実現できるイメージはまったくありませんでした。

 

でも 何となくカラダもココロも整えていきたいな、と。

 

そして初級中級を受けた半年後、上級コースを受けることになりました

どんな変化があるんだろう。

ちょっとワクワクしました。

 

時期的には前の障害者施設を辞める数か月前くらいの出来事です。

 

上級コースを受けた1週間後

大事件が起こりました!!!

 

 

今考えると、よくそんなにいろいろなものを抱えて

大変だったね。。。。(遠い目)

 

 

 

【プロフィール 】

長谷川葉子

 

現役管理栄養士
(病院、幼稚園、社員食堂、老人福祉施設、障害者支援センター、教育委員会で勤務経験)

食べることは生きること。
子供の食育も大切ですが、
まずは大人に食や栄養の知識をたくさん知ってほしい。
豪華でなくても 難しくなくても 手が込んでなくてもいい、
本当にココロとカラダがよろこぶ食べ方を知ることは、より豊かに生きていくヒントになると思います。

難病と診断され、自らの知識に東洋医学食養生を取り入れて社会復帰した過去を持ち、現在も現役管理栄養士として働きながら家庭と趣味をこなす毎日。
20数年ぶりに吹奏楽を始めて
ますますココロもカラダも健康になっているエピソードの持ち主でもあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

メルマガ2つやってます★

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp

しくじり先生 もうしくじってないけれど。。。その3

しくじり先生 もうしくじってないけれど その3

しくじり先生 もうしくじっていないけれど その1その2はこちら↓

hasegoro.hatenablog.com

仕事の帰りに職安に行く。

たまたまイラストレーター、フォトショップ

WEBデザインとリテラシーの講座を見つけました。

 

病気の時にアトリエに時々通っていたんだけれど

ちょっと興味があったのです。

申し込み締め切りは過ぎていたけれど

職安の方が何とか間に合わせてくれました。

 

3月31日付で仕事を辞め

4月からデザイン関係の講座を受けることになりました。

若者が多いけれど年配の方もいました。

入ってから

「こういう仕事は求人は30歳くらいまでです」

とはっきり言われたのでいきなり暗雲(;'∀')

 

操作に手間取るけれど凝り性なので頑張る。

学校での課題、先生の似顔絵のお題で

先生が選んだ人はおごってもらえる、というコンペで

見事賞をいただきました(´艸`*)

そして最後3位までには入賞しなかったけれど

特別賞をいただきました☆彡

ただ、自分ではこの仕事はやればやるほど

熱中して、充実感というよりしんどい。

多分体を壊すな、と思いました。

そして向いてないな、と思いました。

ちょっと前の自分だったら

勉強したからこれを活かして

何とか仕事を探さないと、と必死になっていたと思いますが

もう 今までのこともあるから

無理して仕事に自分を合わせることはない、

思いました。

↑しくじらなくなったポイントです 

それでも焦ることはありませんでした。

何とかなる、という根拠のない自信がなぜかありました。

 

講座が終わってから4か月位は

暇を持て余して家でネットやゲームをしていました。

そろそろ経済的に苦しくなって

働かないとやばいかも。。。と思っていた矢先

あるテレビで、

家の事情でご飯を食べられない

子供の特集をしていました。

そんな時に

今の職場の募集があり(中学校の弁当事業)

給食ではない。。。ので受けてみる。

公務員試験問題集や管理栄養士試験の過去問を勉強し

採用されました。。。。。

 

採用された理由は

課長は面接ですぐに、この人だ!!と思ってくださったようです。

それと、webデザインとか勉強していたので

それもいろいろ勉強している、と高評価だったようで。。。。

仕事にデザインは全~く関係ないんですが(;'∀')

この講座を受けていなかったら時期的にも出会っていなかったかもしれません。

そして初めの頃は、イラレやフォトショで画像を作っていたので

役に立ちました。

ホームページは作りませんでしたが、facebookを始めました。

まだ職場ではそういうものを始めるのがマイナーだったので

いろいろ手続きが面倒くさかったですが、

しばらくweb関係の勉強していたのですっと提案したり

とりかかったりできたんです。

今もほぼ毎日更新してます。

 

 

ほらね、仕事ではもうしくじってないでしょ?

f:id:hasegoro:20170513161438p:plain

そして話は戻って前の職場のこと。

あの主任はもういません。

1年位彼女は女王のように君臨していました。

だけど

職員が我慢しきれなくなって手段を考えていたらしいのですが

(いや、遅いよ。。。と同僚ながら思う。いい人ばかりだけど)

利用者さんが何人かで市役所に相談に行ったらしいです。

そこで言葉や態度など虐待が発覚。

 

彼女は異動、所長は管理責任を問われて減給。

所長は年齢的にしばらくして定年退職。

その前なのか後なのか彼女も辞めたと聞きました。

彼女の弟も同じ法人で傍若無人なふるまいをしていたらしいけれど

どうなったのかは知りません。

 

でも本当に良かった。

もっとはやくこうなっていれば

法人が職員の声や利用者の声を拾い上げていれば

たくさんの人が悲しい思いをしなくてすんだのに。

 

前の職場は今の職場の通勤途中にあります。

当時から施設に通っている利用者さんは

今でも遠くからでも私を見つけて

挨拶してくれたり、ハイタッチしに来てくれたりします。

 

ここの職場での辞め方は幸せではなかったけれど

病気から社会復帰でき、仕事を頑張ったことで

自分に大きな自信が付きました。

そしてこの時期に

私の流れを変える出来事がありました。

それは別の記事に書きますね。

 

 

 

 

今の仕事、労働時間や賃金などの環境、そして人間関係は本当に良くて

私がいろいろなブラック企業で味わったことのない心地よさです。

今までは誰かの責任を負わされたりすることも多かったのですが

何かあっても上司が盾になって守ってくれる、自分は仕事に専念していい、

そして家庭も趣味も充実しています。

 

でも

いつまでもここにいられるわけではない。

そうなった場合、再就職が難しい年齢で可能性の低い理想の仕事を探すのか

仕事に自分を合わせて過去のようにしくじるのか、

それとも自分がやりたい仕事を作っていくのか

ということになる。

どれを選ぼうか、なんていったら始まらない。

覚悟を決めてじぶん仕事をする、と言わないといけないけれど

まだまだがくがくブルブルのチワワ状態。

 

しくじらないためには

自分の萌える仕事

やっていて楽しくて仕方がない仕事(今もそうですが)

自分が好きにやっていることが他の人へのおすそ分けになるような

そんなお仕事をやっていくことになると思います。

 

そんな話を書くと

急に逃げ出したくなる(;'∀')

私 料理ヘタだし、とか

人前に出るのいやだし、とか

自分出すの苦手だし、とか

逃げる理由をたくさん作る。。。。

ので

ケツバットを自分に当てて

そして萌えコンの皆さんに

フルボッコしていただき(´;ω;`)

 

ちょっとずつちょっとずつ

何が自分にできるのかを考えて

進んでいかなくてはいけないのであります。

(今はちょっと前に進むのにしくじってる最中です。)

f:id:hasegoro:20170513040707p:plain

 

【プロフィール 】

長谷川葉子

 

現役管理栄養士
(病院、幼稚園、社員食堂、老人福祉施設、障害者支援センター、教育委員会で勤務経験)

食べることは生きること。
子供の食育も大切ですが、
まずは大人に食や栄養の知識をたくさん知ってほしい。
豪華でなくても 難しくなくても 手が込んでなくてもいい、
本当にココロとカラダがよろこぶ食べ方を知ることは、より豊かに生きていくヒントになると思います。

難病と診断され、自らの知識に東洋医学食養生を取り入れて社会復帰した過去を持ち、現在も現役管理栄養士として働きながら家庭と趣味をこなす毎日。
20数年ぶりに吹奏楽を始めて
ますますココロもカラダも健康になっているエピソードの持ち主でもあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

メルマガ2つやってます★

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp

http://www.reservestock.jp/subscribe/65000

にほんブログ村に参加しています。

良かったらクリックしてください↓

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村